股関節術後の患者さんの体位変換を1人で行う方法と注意点

股関節術後の患者さんの体位変換を1人で行う方法と注意点

前にも股関節術後2人で行う場合にも書きましたが、今回は1人で行う場合を解説します。2人で行うよりも1人だとより注意が必要です。そのポイントも紹介しますので参考にしてください。

ちなみに2人で行う場合はこちら
股関節術後の患者さんの体位変換を2人で行う方法を解説

そもそも術後の体位変換は何故行うのか?

股関節の手術は筋肉にメスを入れ、肉を裂き、手術によっては異物(人工関節等)ます。なので、高齢者や幼児などは体力の消耗が激しいです。さらに外部からの物質を入れた場合はどんなに殺菌・消毒を行っていても菌は付着していますので、患者さんの免疫が向上するまでは、患者さんの感染防止の為にも絶対安静が求められます。

しかし、逆に安静といっても動かなければどうなるでしょう?ずっと上向きに寝ている状態(仰臥位)でいたら精神的苦痛も大きいですしいろんな人体に影響が及ぼします。これは高齢者になれば比率が多くなるのですが骨と皮膚が近い部位の細胞が崩壊する床ずれ(褥瘡)などがあります。

安静といっても血液の流動も含め多少の体位の変換をする事により安静に防ぐ事を目的とした体位変換が必要になります。

看護師1人による体位変換の方法を解説

上向きに寝ている状態(仰臥位)から右を下に寝て(右側臥位)いて患肢が右側の場合の方法

まずは患者さんの体調が重要ですので、体調を確認して行きましょう。バイタルサインは勿論そうなのですが術後の安静状態なので感染症など引き起こしていないかの急な体調変化が無いかどうかの確認を行います。

確認がとれたなら、患者さんに体位変換する事を伝えます。患者さんに伝わったら患者さんの体を右側に寄せ、看護師が患肢側に立ちが外転枕を外し、患肢を持ち上げそのままの体勢で患者が健肢側にベッドの柵を手に持ちながら掛け声をかけながら一緒に右を下に寝て(右側臥位)になってもらいましょう。

横になった状態になったらゆっくりと健肢を重ね、肩や腰にクッションを置きながら患者さんの体を整えて行きます。最後に布団を掛けナースコールを手元に置き患者さんの状態を観察して行きましょう!

体位変換の注意点!

体位変換を何故行うか、目的は何なのか、どのような効果があるのかを患者さんに充分理解し納得してもらいましょう。体位変換する際ベッド付近にあるドレーンや輸液ラインなど引っかからないように注意しましょう。

体位変換する際はひねりますので患肢が内転又は内錠しないよう注意しながら行いましょう。変な体位変換は脱臼を起こす可能性もありますので十分注意が必要です。

短時間、症状次第では約2時間毎に体位変換しなければなりません、2時間といえば当然睡眠時間も無く体位変換して行かなければならないので食事の時間や睡眠時間など患者さんのプライバシーを守り理解をしてもらいましょう。

まとめ

術後すぐはやはり安静が必要ですがやはり多少の血液の流動が必要ですし。外部の物質を入れたら感染症の恐れもありますので十分な観察が必要です。又、体位変換を行うという事は短時間毎の体位変換が必要となります。

やはりそこには患者さんの理解と協力が必要不可欠になってきますので、一日でも早く患者さんに回復をしてもらうためにも信頼関係を築き苦痛のない自由な身体を手に入れてもらい笑顔を見たいものですね!

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る