脈拍の測定部位と血圧の測定の手順

脈拍の測定部位と血圧の測定の手順

一見簡単に測定できそうな脈拍や血圧ですが、手順はしっかり頭に入っていますか?手際が悪いと患者さんに無用の緊張や負担をかけてしまって、正しく測定できないこともあります。

脈拍や血圧の測定についてまとめてみました。まずは、脈拍の測定について確認していきます。

脈拍の測定

最初にリラックスするように声をかけてから、左右の橈骨動脈(手首の親指側)に人差し指・中指・薬指の先を当て、左右差・リズム・緊張度、脈の強弱などを観察します。

左右差がないことを確認後、片方の橈骨動脈で1分間の脈拍数を数えます。左右差の確認は必要に応じて行いますが、初めて測定する時は必ず確認するようにしましょう。

脈拍の主な測定部位

基本的には橈骨動脈を使います。ただし、一般に収縮期血圧が60mmHgを下回ると橈骨動脈では脈が触知できなくなってしまいます。

血圧が低く、脈が弱い人の場合は、もう少し中枢側の動脈で試してみましょう。橈骨動脈の他には、上腕動脈や腋窩動脈、大腿動脈、膝窩動脈、浅側頭動脈などが用いられます。一通り覚えておくとよさそうですね。

頻脈と徐脈

成人の基準値は毎分60~80回です。脈拍数が100回/分を超えた場合頻脈、60回/分未満を徐脈といいます。一般に体温が1℃上がると12回/分程度脈拍が増加し、血中の酸素濃度が低くても増加すると言われています。

酸素不足になると、心臓が心拍数を上げて体内に酸素を届けようとするんですね。

続いて、血圧の測定について見ていきましょう。

血圧測定の手順

最近は機械で測定することも多くなりましたが、基本の測定方法である聴診法を覚えておきましょう。

まず、患者さんの上腕を十分に露出し、心臓と同じ高さにします。健側で測定するようにしましょう。次に、上腕動脈の位置を確認してから、指が1~2本分入る程度の強さでマンシェットを巻きます。

聴診器を肘の上腕動脈の上に置き、ゴム球のポンプで患者さんの普段の血圧+20~30mmHg程度に加圧し、コロトコフ音が聞こえないことを確認します。

ゴム球のバルブを緩めて1秒に2mmHgの速度で減圧し、コロトコフ音が聞こえ始めた点を最高血圧(収縮期血圧)、コロトコフ音が聞こえなくなった点を最低血圧(拡張期血圧)とします。

血圧値の分類

血圧は低すぎてももちろん良くありませんが、多くの場合高血圧に注意します。収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上が高血圧の診断基準値です。

高血圧も、程度によってⅠ度(軽度)、Ⅱ度(中程度)、Ⅲ度(重度)に分類されます。変わったものでは、収縮期高血圧というものもあります。

収縮期の血圧は140mmHg以上になるのに、拡張期の血圧は90mmHg未満というものです。拡張期の血圧が低いなら大丈夫なのでは?と思いがちですが、意外と怖い状態です。

血管が動脈硬化で硬くなっている高齢者に多いもので、注意が必要です。

血圧の左右差

左右の腕で、血圧が違う場合があります。一般に10mmHg以下の左右差は変動の範囲内ですが、20mmHg以上の差がある場合は、血管に何らかの異常がある可能性があります。

動脈硬化や大動脈炎で動脈が閉塞していることや、先天性の動脈狭窄症、心房細動による血栓性動脈塞栓症などが考えられます。いずれも怖い状態なので、差が大きい場合は注意する必要があります。

最後に

いかがでしたか?患者さんの様子を確認するのに欠かせない、脈拍や血圧の測定についてまとめてみました。いずれも、測定前はリラックスしてもらうことが大切です。

正確に手順通り進めていくのはもちろんですが、患者さんの気持ちをほぐすような声掛けもできるといいですね。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る