絶対失敗しない看護師の求人・職場の選び方

絶対失敗しない看護師の求人・職場の選び方

看護師として転職を考えている方であれば、より良い職場に就職したいと希望しますよね。

そしてできれば、次こそ最後の職場にしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

どうすればより良い転職先が見つかるのか。

成功する求人・職場の選び方とは。

<おすすめ記事セレクション>

転職する目的を明確にする

なぜ今回転職することを考えたのか。一度書き出すことをおすすめします。

辞めることになった理由からでも良いです。

勤務場所の問題なのか、忙しいのにお給料が低いからか、人間関係か、もっとスキルアップを望むからか、プライベートを充実させる時間が欲しいからか、院内保育園があるところで働きたいからか。

転職目的によって、次の候補をしっかりと絞りこむことができます。

自分の中で譲れない条件を明確にする

看護師の求人情報は、漠然と検索すると何百件もヒットしてしまいます。ヒットしたものを次々見ていると、目移りしてしまい、決めかねますよね。

なぜ今回、求人情報を見ているのか、目的を今一度はっきりさせてから検索する方が良いでしょう。視覚的に自分の今回譲れない条件を明らかにしておくのがおすすめです。

手帳などに、例えば「①自宅から近い」「②職場の雰囲気が良い」「③日勤のみで土日祝日が休み」と書き出してみると、自分が今度の職場で今後ずっと働きたい・転職はこれで最後にしたいと思っていると、自分の思いが浮き彫りになります。

マンションを買い、住む場所はもう変わらない予定。夫や子ども達が土日祝日休みなので、家族で出かけたり一緒に過ごす時間を大切にしたい、土曜日は子どもたちの習い事があるので、送迎したり付き添いたい。

ここまで自分なりの条件が明確になれば、十分に職場を絞り込むことができます。それから、転職活動を始める方が、時間や労力が無駄にならないと思います。

成功する、職場の選び方

看護師の場合、面接に行ったその場で就職が決まることもあります。何件も掛け持ちして就職活動する方もいますが、看護師の転職に限っては、まず一つだけ希望の病院に面接を申し込むことがおすすめです。

職場に連絡し、履歴書を送付するまでまずは十分に考える。そして、一番自分の条件に合う病院を選び、そこだけに就職活動をする。

できれば、面接前に下見をし、院内の雰囲気(整理整頓されている・清掃が行き届いている)、看護師や他職員の服装や表情、職員同士で話している様子など見ると、大体人間関係もわかるもの。自分や家族が患者として実際にかかったことがあれば、職場の雰囲気はかなり把握できます。

病院の周囲もぐるっと一周歩いてみるのも良いでしょう。職員用の出入り口や車で通勤する場合は職員駐車場なども見ておいたり、夜勤など、暗い時間帯に出勤したり退勤したりする可能性があるなら、近隣の様子も大事ですよね。

実際の面接までに、「ここで働きたい」という気持ちが揺るぎないものになっていれば、面接を終えてその場で合格が決まった時に、具体的に勤務開始日や揃える必要書類の説明も受けることができ、お互いに事務作業もスムーズにすすみ良いものです。

掛け持ちしていた場合、「こちらとしては、あなたにぜひここで働いてもらいたいです。」とその場で合格を伝えられても、一度返答を持ち帰ることになります。

他の就職希望先があまり良くなくて、最初に面接した病院に決めよう、と考えて連絡したところ、もう他の希望者の採用が決まったとなり兼ねません。

最後に

良い就職先は、求人情報が出てすぐに採用者が決まり、募集が締め切られることが多いです。また、求人情報が出る前に、口コミで次の採用者があっという間に決まってしまう所もあります。

看護師の求人は、常にたくさん出ていますが、その数多くの中でも、自分の譲れない条件に合い、かつ院内・院外の雰囲気や人間関係も良く、通勤の便も良いという所はそれほどありません。

その場で採用が決まった時に、「こちらこそ、よろしくお願いします」と即答できるよう、十分に就職希望先を選定しておく下準備が、失敗しない看護師の求人・職場の選び方だと思います。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る