看護師必見!履歴書はワードか手書きか結局どっち?

看護師必見!履歴書はワードか手書きか結局どっち?

転職活動に履歴書は欠かせないものです。

看護師のみなさん、好印象を持ってもらえそうな履歴書作成についてどうしたらいいか困っていませんか?

最近では、電子カルテの普及により「文字を手書きする」こと自体少なくなってきました。

一般企業では、履歴書・エントリーシートなどがダウンロードできたり、パソコン上のフォーマットに入力するタイプが一般的になってきました。

看護師の履歴書はワードで作成?手書きで作成?どちらがいいのでしょうか?

今回は、履歴書問題について解説していきます。

<おすすめ記事セレクション>

看護師の履歴書は手書きがベスト その理由

ずばり、手書きがベストです。その理由を説明していきます。

病院・クリニック・施設など看護師が働く現場は、慢性的な人員不足です。

看護師の売り手市場といえますので、履歴書を見てもらった時点で「字がキレイじゃない」「書き方が完ぺきではない」という理由で、面接もしてもらえないという事はまずないでしょう。

手書き文字から丁寧さをアピールすることは、好印象にプラスに働く要素です。

一般企業で、応募人数が数十、数百人になる場合は一人一人の手書き履歴書を見ている場合ではないでしょう。しかし、看護師が働く現場は、「履歴書は手書きで作成するもの」という認識が強い傾向にあり、ワード作成履歴書は、ちょっと冷たい印象を持たれがちです。

あなたが採用側なら 履歴書から何を読み取りたいか

あなたが採用担当者なら、履歴書から何を読み取りたいですか?

学歴・出身校・職歴・住まいなどのパーソナルデータだけでは無いはずです。

応募看護師の、「人柄」ではないでしょうか?

採用者側は、直筆の文字から直感的に応募者の人柄を推し量ります。

履歴書を面接の前に受け取っている場合、

文字から受ける印象と、実際に本人から受ける印象とのギャップも、面接でヒアリングする内容を左右するでしょう。

「履歴書の字、すごくキレイだったのに身だしなみがちょっと・・・・」

「履歴書の字、ちょっと雑に見えたけど礼儀正しいな」

といった印象です。

直筆から直感的に推し量る 応募者の人柄とは

看護・介護で働く現場では、「丁寧さ」「思いやり」「接遇」の要素が強く求められます。また、同意書や診療計画書など重要な書類に直筆サインをする機会も多くあります。

もともとの直筆が美しいかどうかは別として、丁寧に書かれた書類かは分かります。

慣れない履歴書作成にもきちんと向き合っているか、真摯な姿勢かは伝わるものです。

看護師の履歴書は手書き・職務経歴書はワードで

看護師経験を積めば、転職・同じ病院の中での異動を経験しますね。

担ってきた役割や、取得した資格などを履歴書一枚にまとめるとごちゃごちゃしてしまいます。そんな時は、履歴書とは別に職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書は、履歴書と合わせて見るものです。読みやすいようにワードでの作成をおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか?

看護師の履歴書作成、手書きを推しましたが「フォーマット入力」と指示がある場合などはもちろん手書き以外で問題ありません。

履歴書の作成方法や内容、志望動機のまとめかたに迷った場合は、転職サイトに登録し相談してみてはいかがでしょうか。登録はもちろん無料です。

転職のプロに履歴書チェックをしてもらえば、安心ですね!

丁寧に作成された履歴書と、礼儀正しい面接での立居振舞いはダブルの好印象まちがいありません。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る