【看護師】面接官をうならせる「質問はありますか?」の切り返し方

【看護師】面接官をうならせる「質問はありますか?」の切り返し方

「質問はありますか?」に対して、最初からストレートに「ありません」と返すのはNGです。

「質問はありますか?」=「質問してみなさい」と同じと思ってください。
面接者が自分をアピールするラストチャンスであるともいえます。面接の中で、本当に疑問に感じたことや分かり難かったことを確認の意味で質問するのはOKですが、あくまでも謙虚な姿勢が求められます。

本来、「質問に対して質問で返すこと」は失礼とされていますが、面接のこの場面は別です。

看護師の転職面接で、面接官をうならせる「質問はありますか?」の切り返し方について解説していきましょう。

面接官側が、病院・施設をアピールできる質問

おっ!と光る質問は、なにも面接者が自分を売り込む内容だけではありません。
面接官側に、病院・施設等の特徴や、自慢したい事をしゃべってもらうことで好印象に繋がることもあります。

たとえば、

「貴院は、最先端の医療機器である○○を導入するご予定とお聞きしていますので、とても興味を持っています、看護師は将来関わりのある分野で働くことは出来そうでしょうか」

「貴院は、この地域では一番の救急受け入れ件数と伺っており、とても興味を持っています。看護師の配属人数や体制について教えていただければありがたいです」

ただし、ホームページや病院パンフレットに答えが書いてあるような内容は逆効果で、情報取集不足と取られてしまいます。
看護師としての私はこの病院・施設に興味を持っている、もっと知りたいと思っているという姿勢をアピールしながら、聴きたい情報も引き出せます。

働きたい意欲をアピールする質問

看護師の転職面接での代表的な質問は、

「仮に採用していただけるとした場合、入職までに勉強しておくべき内容を教えてください」

この質問のポイントは2つあります。

1つ目は、仮にでも入職できるつもり、ということです。

面接官も人間ですから、全く受け入れるつもりが無い面接者に対して「では、○○について事前勉強していただければスムーズですよ」なんてことは言えないものです。

2つ目は、勉強した内容を職場で発揮するという積極性をアピールできることです。

入職してから指導担当者に教えてもらうという受け身な態度より、積極性をアピールできます。

面接の中で、教育体制への不安についてやり取りした場合は、さらに有効な質問と言えるでしょう。

<おすすめ記事セレクション>

自分の得意分野をアピールする質問

例えば、
「私はこれまで長らく循環器科で経験を積んできましたが、この経験はお役にたてるでしょうか」

「病院で培った退院支援の知識を、施設での地域ネットワーク活用に役立てたいと考えていますが可能でしょうか」

私は○○が得意ですよと最後にしつこくアピールする方法です。

この質問に行きつくまでに、面接の中で今までの経験や志望動機がやり取りされています。

その内容を、踏まえてのアピールです。

NGな質問とは 人間関係・残業・賃金

具体的には、
「配属予定部署の人間関係はどうですか」「残業は月何時間くらいありますか」「ボーナスは平均何か月分くらいですか」

これらの質問を最後に持ってくることで、今までの好印象が薄れてしまうことがあります。

もちろん疑問を放置していいわけではありませんが、どうしても聞きたい場合は表現に気をつけてください。

「私の経験年数で、夜勤を月4回程度させていただくとして、お給料のモデルケースはどのようになるか教えていただきたいのですが」といった感じですね。基本的にはNGと認識してください。

まとめ

いかがでしたか。

「質問はありますか?」=「質問してみなさい」と同じです。面接の一部と考えてください。

意欲と謙虚さを同時に見せる質問で、面接官をうならせる光る質問をしてみて下さい。

NGは質問に挙げた項目は、転職したい看護師が本当に知りたい内容ですね。しかし、直に質問や交渉が出来ないとなるとどうしたらいいのでしょうか?

ぜひ転職サイトに登録して、担当者に間に立って聞いてもらいましょう。

必要なら交渉もしてもらえますし、直接聞いて気まずくなることもありませんし、確実ですよ。

看護師の転職活動、成功を祈っています。


関連記事

Amazonギフト券プレゼント

ピックアップ記事

  1. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  2. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  3. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  4. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…
  5. 看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング

    看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング 看護師の転職時の面接での質疑応答。 はっきり…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る