心配性な方必見!面接での短所を聞かれた時の答え方例

心配性な方必見!面接での短所を聞かれた時の答え方例

看護師の面接で一番頭を悩ます質問はなんですか?

私は「あなたの長所と短所を教えてください」です。

かろうじて長所はアピールできても、「短所」となると自分のダメなところを上手く表現できる自信がない、という方は多いのではないでしょうか。

誰しも長所、短所はあります。面接の場面ではストレートに答える必要はありません。

むしろ、短所を謙虚に認めつつ「長所の裏返し」となるような表現力が求められます。

例えば「前の職場では仕事がノロいと指摘されていました」とは言えませんが、「仕事は早くはありませんが、丁寧さと確実さを最優先するように心がけている」とも言い換えられます。

<おすすめ記事セレクション>

心配所の方も大丈夫 事前の準備が肝心

面接の内容について、心配していても問題は解決しません。

事前準備しておけば緊張もほぐれ、自信ある態度で面接にのぞめます。

話すことと同等以上に大切なことは、落ち着いた立居振舞と爽やかな印象です。

良いことを話しても、おどおどした態度や自信なさげな小さな声では伝わりません。

まずは短所を謙虚に認めよう

誰でも、自分の短所をあげつらう事や、過去に人から指摘された嫌なことを思い出すのは、ちょっと辛いものです。

しかし、「短所は長所の裏返し」を思い出してくださいね。

短所の分だけ長所があるものです。まずは認めることから開始、「自分の短所と思われること」をリストアップしてみて下さい。

気が短い・飽きっぽい・要領が悪い・不器用・仕事が遅い・朝に弱い 等々

何でもいいのです、なるべく具体的にあげていきます。

面接での短所の答え方 短所を長所にチェンジしよう

短所をあげたら、つぎは肝心の答え方を考えていきましょう。

看護師の短所としてよくあげられるのはこんなケースです。

「要領が悪くて、患者さんとの関わりに時間がかかってしまう」

「すぐにカッと熱くなりやすい短気な性格」

「技術不足で、点滴や注射が下手」

これらを謙虚に認めつつ、長所の要素があるようチェンジしていきましょう。

「要領が悪くて、患者さんとの関わりに時間がかかってしまう」

は「仕事は早くありませんが、患者様には常に丁寧に接するよう心掛けています。」とチェンジ。

「すぐにカッと熱くなりやすい短気な性格」

は「時に感情的になってしまいますが、なるべく冷静さを保つように心がけています。」とチェンジ。

「技術不足で、点滴や注射が下手」

「前職までは精神的ケアの多い職場だったため、点滴等の侵襲的処置はさほど得意ではありません。」とチェンジ。

面接でNGな短所は

たとえ本当に自覚していても言ってはいけない短所とは、

「飽きっぽい性格」「長続きしない性格」です。

これは看護師として以前に働く姿勢を疑問視されかねませんし、長所に言い換えることがとても難しい言葉です。

採用者側は、一緒に働く以上、技術や知識を磨きながら長く働いてもらいたいという希望を持っています。

転職回数が多い方は、その理由とともにマイナス評価となる危険な要素ですので要注意です。

まとめ

いかがでしたか?
誰しも短所はあります。でもそれは長所の一部でもあります。

謙虚に認めつつ、克服していく努力の姿勢もアピールできれば最高です。

しっかり自己分析し、看護師の面接を乗り切って素敵な転職を成功させていただきたいと思います。

履歴書の作成や、面接で答える内容について自信が無い方は、ぜひ転職サイトに登録されることをおすすめします。看護師転職のプロに事前チェックしてもらうことで、より万全の準備が可能ですよ。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る