ナースシューズや駆血帯、着圧靴下まで!看護師おすすめ通販サイト

ナースシューズや駆血帯、着圧靴下まで!看護師おすすめ通販サイト

看護師で通販を利用したことが無いという人はかなり少数派でしょう。

通販で購入する物品の代表と言えば「ナースシューズ」「はさみ」「駆血帯」「着圧靴下」ですね。

特に「ナースシューズ」は、就職してから今までいったい何足購入したか分かりません。厚底ブーツが流行したころには、なんと厚底ナースサンダルなるものも流行していました、懐かしいです。

通販会社からのカタログが、詰所に山詰みで自宅にもある状態は看護師の日常茶飯事です。休み時間、休憩中に眺めていたらなんとなく飽きないアイテムです。

ちなみにこちらおすすめ通販サイトです。


今回は、そんな看護師物品の通販あるあるをご紹介していきましょう。

1詰所に1人、通販まとめ買いの番人

一定の金額以上購入すると送料無料、のサービスが一般的なので看護師数人がまとめて購入することが多い通販。1詰所に1人は通販購入を取り仕切る看護師が存在しがちなんです。

みんなの注文を聞き、病院に届くように発注、料金の個別徴収まで担当してくれる有能な存在です。10足単位の靴下をいくつか購入し、何人か分に分ける作業まで完璧です。

その昔、白衣がスカートで白いパンストを着用していた時代、パンストは100足単位で購入していました。人数ごとにきっちり分けて、料金請求してくれる看護師は一目置かれていたものです。

仕事の出来とは全く関係ないところで、力を発揮してくれる貴重な存在です。

足のむくみ取りグッズを衝動買い


ナースシューズを買うつもりで、ついつい購入してしまう足のむくみ取り関連グッズ。

足指の間を広げるもの、かかとが無いスリッパ、足首の下に置く枕、強力着圧ソックスなどのグッズです。

これらのグッズのページは夜勤中に見てはいけません。ついつい購入してしまいますが、すでに購入済みアイテムが家に存在していることが多いのです。気をつけましょう。

6071 お客様の声から生まれたショートストッキング

買って失敗 ナースシューズ

安さと快適さの両立が求められるナースシューズ。

カタログをかなり厳選して購入したものの、届いてみると「えーっ?!こんなはずじゃなかった」となることはありがちです。

特にソールが薄い、堅いシューズは疲れやすくとても辛いのです。またサイズが微妙に合わない事もあります。

サイズが合いそうな同僚に買ったナースシューズを譲りあうのも看護師あるあるです。

失敗しないようにナースシューズは、同じ商品をリピート購入することが多くなります。
11673 ナースワーカー2Wayサンダル

BBクリームなどのコスメ用品衝動買い

通販カタログの後半のページには、たいていコスメ用品が掲載されています。

キーワードは、「UVカット」「落ちにくい」「長時間でも肌に優しい」等、通勤や看護師の夜勤を意識したアイテムです。

通勤でUVカットがしっかりできて、しかも長時間の勤務でもボロボロにならないメイク用品は魅力的です、思わず購入してしまいます。

結局購入したBBクリームは使わずに、日焼け止めだけを顔に塗り、眉毛を書くだけになるとも知らずに新しいアイテムが増える一方です。

11160 クリア-G(皮膚保護クリーム) 70g

まとめ

いかがでしたか?看護師通販あるある、楽しんでいただけましたか?

自費でのナースシューズ購入額は年間約1万円数千円と言われています。最近は、看護師物品やナースシューズが支給される病院が多くなってきました、物品支給が充実した病院は魅力的ですね。転職活動で、参考までにユニフォームや看護物品の支給状況を確認してみると安心です。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る