看護師の常勤・非常勤を徹底比較!そのメリットとデメリットは?

看護師の常勤・非常勤を徹底比較!そのメリットとデメリットは?

様々な職場、働き方が選べることも魅力な看護師の仕事。その働き方ひとつをとっても、常勤・非常勤とがあります。

今回は、その違いを徹底比較。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

<おすすめ記事セレクション>

1.常勤と非常勤の違い

常勤は常時勤務の略で、フルタイムで働く正職員のことを指します。

常勤は月給制でボーナスも支給され、住宅手当などが出るほか、有給休暇制度・夏季休暇、その他病院・施設の福利厚生も対象となります。

非常勤は時間や勤務日数などは雇用主と契約で定め、多くは時給制でボーナスは支給されないことが多いです。

健康保険・厚生年金・雇用保険などの社会保険の加入は労働日数・労働時間を主として定められています。

配偶者の扶養となる場合は、あまり関係はありませんが、扶養に入らない場合は職場の社会保険に加入できるかできないかで、実際の収入が大きく変わってきますので、気をつけたいところです。

また、非常勤は常勤で不足する部分を補うことがほとんどですので、即戦力が求められます。勤務する病院・施設で求められる技術と自分の持っている技術とが違い、ミスマッチングにならないよう面接でしっかりと確認しておくほうがよいでしょう。

2.非常勤看護師のデメリット

非常勤看護師のデメリットとしては、先に述べたように福利厚生の対象とならないことです。多くは時給制ですので、昇給や退職金もありませんし育児休暇や産休も対象外です。

例えば、病気や忌引きで休まなければならないとき、常勤であれば有給やその他の取り決めで給料が差し引かれることはありませんが、非常勤であれば休んだ分の時給は支払われませんので、収入に直結します。

金銭面・福利厚生を考えると、やはり常勤のほうが手厚い待遇となっています。

3.非常勤看護師のメリット

非常勤のメリットは勤務以外のわずらわしいことを行わなくてよいことがあげられます。

病院勤務であれば、委員会や勉強会、看護研究などのプライベートを削って行う活動がありますが、非常勤ではそれらに時間を取られることはありません。

また、夜勤がある病院・施設では常勤であれば夜勤をしないことは難しいですが、非常勤であれば夜勤をしないという契約で働くこともできます。

また、勤務日数や勤務時間は雇用主と契約の上決めていくため、希望が通りやすく融通がききやすいこともメリットです。

シフトが出るのは数日前という病院・施設もあり、常勤で働いているとシフトが出るまで予定がたてられない、休み希望は月2~3日しか出せないというところも多いと思いますが、非常勤ではそのようなことがないのも魅力です。

最後に

いかがでしたか?収入や福利厚生などの待遇を考えるならば常勤、自分の生活スタイルに合わせた働き方をしたいならば非常勤がオススメです。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る