治療方針が納得できない!看護に専念したい看護師の転職成功体験談

taikendan20dai

治療方針が納得できない!看護に専念したい看護師の転職成功体験談

「治療方針が納得できない・・・」

「衛生面がずさんすぎて看護に集中できない・・・」

このような悩みを持ちながら仕事をしていませんか?

しかし、転職サイトならあなたに合った治療方針の病院を選ぶことができます。

転職サイトに登録すると専属の転職キャリアアドバイザーがつくので、事前に病院の治療方針や職場環境をヒアリングすることで失敗しない病院選びが可能です。

今から紹介する看護師の方も、個人病院の衛生環境があまり良くなく、看護に集中できない日々を過ごされていました。事前に見学を重ねることで納得のいく治療方針の病院に転職し、さらには年収も350万円から450万円に上がったとのこと。

それではその成功体験談を聞いてみましょう。

※誤字・脱字、漢字変換もそのまま掲載していますのでご了承ください。

<転職ステータス>

  1. 利用した転職サイト:ナースフル
  2. 年齢:20代 独身 女性
  3. 転職前の職場:個人病院の整形外科病棟
  4. 転職後の職場:総合病院の健診センター
  5. 年収450万円(+100万円)
  6. 転職回数:2回目
  7. 転職理由:治療方針が納得できない

今回使われた転職サイトはこちら。
年収500万円・休日130日以上の求人多数!
ナースフルの公式サイトはこちら

治療方針が納得できず悩んだ私の体験談

私は新卒で総合病院で働いたあと、1回めの転職で個人病院の整形外科病棟に勤務することになりました。語弊があるかもしれませんが、個人病院では医療の安全だけではなく、経営状態なども重視して働かなければなりません。

総合病院では、基本的に衛生面を考え使い捨てが基本でした。しかし、個人病院では術後使用した酸素マスクは消毒に漬け込んで他の患者に再利用したり、吸引カテーテルは1回使用したのち精製水につけて何回か使います。

総合病院で働いていた頃にしていたら怒られているであろうことが普通に当たり前のことのようにしなければなりませんてした。

そして、医者が本来するであろう手術前後のレントゲンのオーダーや定期の内服薬のオーダーもパス通りであれば看護師が電子カルテを使ってオーダーをします。

患者のそばに立ち看護をするだけでなく、医者が本来する業務を代わりにしなければならないという労働が耐えられませんでした。

個人病院で働くということで規模が小さくなり体力的に楽かと思いきや医療方針でとてもストレスを感じました。

転職後は改善された?

私は総合病院に転職したのですが、看護の衛生環境はかなり改善されました。これならまず安心して看護に専念することができます。

人によっては個人病院のほうが合っている人もいると思いますが、私には総合病院が合っていたようです。

もちろん、ちゃんと衛生環境が整備されている個人病院やそれほど気にする必要がない外来専門の病院もあるでしょうが、総合病院だと安心感が違います。

私は最初の就職が総合病院だったので、やはり個人病院だと違和感がありました。

毎月の残業は10時間ほど増えてはいますが、ボーナスも出ますし、結果的に年収も100万円ほど上げる事ができました。

二度と同じ悩みを抱えないための病院選びのポイント

個人病院の病棟に勤務したいのであれば、面接の際に病棟や外来を時間かけて見学をすることです。転職サイトのキャリアアドバイザーなら見学の手配もすぐにしてくれます。

見学することでナースステーションの表面上の環境だけでなく、物品や患者さん回りの環境をチェックし、また処理の仕方や衛生管理など治療方針を聞いた方がいいと思います。

個人病院で電子カルテを導入しているといっていても、実際にはクリティカルパスを電子カルテ上で使用できず、紙媒体であることもありえます。

また点滴や内服薬のオーダーなど、看護師と医者、医療事務の仕事の区別をはっきりと聞いておくことです。個人病院だか病床数が多いと、医者の人数が少なく入院患者のオーダー処理が間に合わず、代わりに看護師がしなければならないこともあるからです。

これらは面接で聞いてもいいですし、聞きにくければ転職キャリアアドバイザー経由で聞いてもくれます。

転職サイトに記載されていることだけでは実際の労働環境は分かりません。なので見学を活用することで衛生環境とともに治療方針をチェックすることが必要だといえます。

転職サイトの転職アドバイザーの活用・相談ポイント

応募してみたい病院やクリニックがあれば、転職アドバイザーにその病院の情報を聞いてみましょう。

アドバイザーは病院の離職率や職場の人間関係、治療方針などもご存じです。また実際にその病院へ転職した人、その病院を退職した人から話しを聞くこともできますので、実際に働いてみてどうだったのか生の声が聞けることがあります。

また、その病院がどのような人材像を募集しているのか事前に聞くこともできるので面接対策にもできます。

就職先によっては職務経歴書などの提出を要望されることもありますので、看護師の方が意外と知らない職務経歴書の書き方の指導やこんな風に書くと印象が良いなどアドバイスをもらえます。

さらに面接の練習もしてくれます。医療会ではこんなことが聞かれやすいなど、聞いておくと心の準備や質問に対する返答の準備ができるので、面接の練習をしてくれるのはとても助かります。

最後に

看護に専念したい人にとっては治療方針は大事な条件ですよね。衛生面に不安があるままだと、「本当にこのような看護を続けて良いのか?」と自分の仕事に疑念を生むことになります。

最後に締めくくられていますが、見学や職務経歴書、面接対策など転職アドバイザーがちゃんとサポートしてくれます。転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談しながら進めることが遠回りなようで、転職を成功させる秘訣です。

まずは気軽に転職アドバイザーに相談してみてください。

今回使われた転職サイトはこちら。
年収500万円・休日130日以上の求人多数!
ナースフルの公式サイトはこちら

関連記事

転職サイトランキング

ピックアップ記事

  1. taikendan40dai

    年収が少ないと悩む40代看護師が年収600万円にした転職サイトの活用ポイント

    年収が少ないと悩む40代看護師が年収600万円にした転職サイトの活用ポイント 「夜勤がなくて年…
  2. taikendan30dai

    30代看護師の転職!ボーナス倍で年収350万円から500万円にアップ

    30代看護師の転職体験談!年収350万円から500万円にアップ(介護施設から消化器科のクリニック) …
  3. taikendan1

    40代看護師の転職!年収400万円から600万円に大幅アップ(内科外来から健診センター)

    40代看護師の転職体験談!年収400万円から600万円に大幅アップ(内科外来から健診センター) …
  4. 1da3ba433df84b53a3660fa1d237a093_s

    セクハラで退職に追いやられた看護師が転職で成功した理由(20代 耳鼻咽喉科)

    「セクハラされる職場にもう行きたくない」 「セクハラのせいで看護師の仕事を辞めたい」 「…
  5. 5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s

    パワハラが原因で鬱になった看護師が転職で成功した理由(30代 介護福祉士)

    「パワハラのある職場にもう行きたくない」 「けどさらなるパワハラが怖くて何もできない」 …

最近の投稿

その他

ページ上部へ戻る