先輩看護師からの壮絶ないじめを抜け出した方法【新人看護師必見】

先輩看護師から壮絶ないじめを受けた新人看護師だった私の対策

突然ですが私は看護学校を卒業して入職した病院で2年間の壮絶なイジメを受けました。

今は幸いにもイジメがない環境ですが、今思えばなぜもっと早く行動しなかったんだろうと後悔しています。

イジメや嫌がらせというのは思考をマヒさせます。行動するなら早いうちにするべきです。

ここでは先輩から壮絶ないじめを受けた私がとった対策について紹介します。

興味ある方は最後までお読みください。損はさせませんので。

新人看護師時代にイジメが始まった


私をとことんイジメ抜いたのは私の指導担当となった先輩看護師です。最初は「口うるさくなくて、優しい先輩だな」と思っていましたが違いました。

「口うるさくない」じゃなくて、「放って置かれている」「無視されている」という表現が合っていました。

今でも覚えていますが、3ヶ月ほど経った頃、「なんであなた、看護師になったの?辞めれば?」と唐突に言われました。

最初は何を言われたのか理解するのに時間がかかりました。

看護師になるのは私の夢だったので、毎日必死に技術を覚えたり、夜遅くまで勉強したり。至らぬ点はあれど、必死にがんばっていたので、気に障るようなことはしてなかったはずです。

それなのにこんな言葉を投げかけられるなんて、私が何かしたのかなと悩みましたが今となってはわかりません。

とにかくこれが壮絶なイジメの始まりです。

壮絶なイジメ

イヤなことは覚えているものです。

「あっちにいってて、邪魔だから」

「丁寧とトロいは別、あんたはトロいだけ」

「何もできないんだから、せめて患者の前は笑ってて」

私が何をしたって言うんでしょうか。

それでも夢だった看護師にようやくなれたので我慢して続けました。

しかし、1年をすぎる頃にはどんどんいじめはエスカレートしていきます。

・私だけ仕事を押し付けて帰る。

・みんなの前で笑い者にする。

・入院患者さんの排泄物の処理はすべて私の仕事。

・医院長や先生との根も葉もない噂を流される。

受け持ちの入院患者さんの残した食事は私の責任だからと食べさされたこともあります。

看護研究だからとみんなの前で裸になるのを強要されたこともあります。そこには男性看護師もいました。

毎日出勤すると何かしら新しいイジメがあるので、頭がどうにかなりそうでした。もう我慢の限界です

TVで紹介されていたある方法

イジメをやめさせてほしいと看護師長に相談しましたが、取り合ってもらえません。人事に異動も願い出ましたが、同じです。

もちろん親に相談もできませんし、八方塞がりです。そんなときにイジメから抜け出すある方法がTVで紹介されていました。

イジメや嫌がらせの悩みを解決するプロフェッショナルがいる

誰だと思います?紹介されていたのはなんと転職サイトのアドバイザーです。意外だと思いませんか?

しかし、理由を聞けば納得です。転職サイトは人材のプロフェッショナル集団です。

人間関係の悩み解決もお手の物。役所の相談所なんかとはワケが違います。

もちろん、転職活動することが前提になりますが、第3者の意見を聞ける、話を聞いてもらえる相手がいるのはどんなにうれしいことか。TVを見てすぐにスマホから登録しました。

仮に転職することになったとしても、うすうすわかってはいたんですよね。イジメから抜け出すには転職しかないと。

それでもなかなか転職に踏み切れなかったのは、

  • 転職する勇気がなかった
  • 新人看護師だから技術がない
  • 3年未満で辞めてると印象が悪い

の3点が気になったからです。

しかし、この際それも含めて相談することにしました。無料だし、ダメで元々と。

ちなみに私が相談したのは「ナースではたらこ」という看護師専門の転職サイトです。

口コミを見ているとサポートが手厚く、実際に利用した看護師の満足度がNo1だったからです。

無料登録してみる

相談して未来が明るくなった


大袈裟かもしれませんが、相談して本当に未来が明るくなりました

転職サイトに登録すると「転職キャリアアドバイザー」が専任で相談に乗ってくれます。

アドバイザーは優しいお姉さんのような感じ。看護師になってから私にとって初めての味方です。誰にも相談できず、悩んでいた私にとって救いのようでした。

最初は電話がかかってくるので、私の状況を相談すると転職キャリアアドバイザーは「うん、うん」と話を聞いてくれました。

ほんと堰を切ったようにすべてを話し終えた私はいつの間にか泣いていたようで、「大丈夫だから」と仰ってくれました。

最初はそれだけで終わったのですが、誰にも相談できなかったことを話し終えた私はほんと気が楽になりました。

2回目の相談時は私の状況を踏まえた上で、的確なアドバイスをもらいました。

正直、転職するのが一番とのこと。私もそうするしかないとはわかっていたのですが、先ほど言ったとおり、何の取り柄も技術もない私なんかが転職できるとは考えられません

新人看護師でも転職はできる


私もその時に知ったのですが、新人看護師でも転職は可能らしいです。なんなら1年目でも転職は十分可能とのこと。

理由を聞くと納得。新人看護師ならそれはそれで一から教えられるのでむしろ都合がいいとのこと。

また、看護技術が不安なら教育制度が充実している病院を紹介してもらえるし、そもそも会社員とは違って看護師は転職が激しいので1年目、2年目で辞めていても気にすることはない、と教えてもらいました。

実際、転職キャリアアドバイザーのお姉さんからは、こんな私でも受け入れてくれる病院を5個も6個も紹介してくれて、「こんな私でも受け入れてくれる病院はあるんだ」とすごく安心しました

2回目の相談が終わったあと、不安が一気に吹っ飛び、翌日の出勤もどこか吹っ切れた感じほんとに楽になりました。「いつでも転職できるんだ」と思えると強いですよ。

その後、このとき提案を受けた病院の1つに無事就職が決まり、今ではイジメのない病院でしっかり働かせて頂いています。

追伸:イジメから抜け出すには転職しかないが、転職は案外簡単

悲しいことですが、あなたがいくら我慢してもイジメはなくなりません。あなたが辞めるまでエスカレートするだけです。

私みたいな無駄な3年間を過ごすより、早く行動を起こすべきです。

転職サイトへの登録も相談も無料です。転職を催促されることもありませんので、安心してください。

今自分に自信がなくても大丈夫。転職キャリアアドバイザーがあなたに合った病院をいくつも紹介してくれます。

絶対に今より悪くなることはありません。「私でも転職できる。受け入れてもらえる。」とまず自信を取り戻してください。

気分が本当に晴れますよ。そこから本当に転職するかどうかを選べばいいんです。

私が相談したのはこちら。
ナースではたらこに相談

イジメから抜け出そう

ページ:

1

2

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る