辞めて初めて気づく看護師の良いとこ悪いとこ

辞めて初めて気づく看護師の良いとこ悪いとこ

今看護師として勤務している病院を辞めたいと考えている時は、もう嫌なことしか目につかなくなっていますよね。私は看護師の他、4年間養護教諭としても働いていいたことがあります。

看護師としては3回の転職経験があります。仕事をとにかく辞めたくて、ノイローゼのようになる前に、少しでも私の経験談がお役に立てれば嬉しいです。

看護師の良いとこ

 
面と向かって「ありがとう」と言われることです。

他の職業も経験してきて、一番に思うのは、直接「ありがとう」と言われる仕事はあまり無いということです。

看護師はどうでしょう?病棟でも、外来でも、一日に何度もありがとうと言われませんか?

しかも、看護師の仕事と言えないほどの、本当にささやかなことでも。外来では、検査の場所を案内する、トイレの場所を教える程度でも・・・。特に高齢の方は、どんなにささやかな手助けでも、「ありがとう」と必ず言ってくれます。

今は総合病院の小児科の外来で働いています。ある日、勤務先では無い場所で偶然あるお母さんに話しかけられました。

子どもの年齢も症状も思い出せませんでしたが、私が採血と点滴をしたそうです。「○○病院の看護師さんですよね?この前、娘の採血と点滴をしてもらいました。感動しました。ありがとうございました。」と。

子どもの採血や点滴は、年齢や状態によって、難しい時は一回では出来ないことがありますので、一度で成功してくれてありがとうということを伝えたかったそうです。

このようなことを言ってもらえる職業って、どれくらいあるでしょうか。

養護教諭の時には、このような感動はあまりありませんでした。でも、看護師では、一日の勤務中に、何度も心のこもった「ありがとう」を受け取ることができ、こんな良い職業は無いなあと感じています。

制服があること

制服がある、これは、本当に素晴らしいことなんです!私服で仕事する養護教諭をしていたからこそ、分かります。しかも、無料で支給され、クリーニングもしてもらえる!!

以前働いていたクリニックでは、カタログの中から自分の好きな制服や靴を好きなだけ注文して良いと言われました。

皆、一番高いメーカーの制服を注文していました。着心地も良いですし、生地も厚くて透けず、デザインもかわいかったです。しかもそのクリニック、カーデイガンは、春夏用・秋冬用、それぞれ新品を支給してもらえました。

カーデイガンだけは、ナース通販カタログからではなく、デパートにわざわざ医師の妻が買いに行ってくれる、有名ブランドものでした。袖口や襟周りの形が崩れず、やはり良い物は縫製が違います。とても気に入っていました。

これが、養護教諭の時ですと、毎日着ていく服は全部自分で準備しなくてはならないのです。校内で履く靴も。これが、なかなか出費がかさみます。

スーツはもちろん行事の度に着ます。小学校で働いていた時は、スキーやスケート(北海道なので)の授業の防寒具から農作業用の軍手や長靴に帽子、子ども達と運動する時のジャージまで。

お給料の中から衣服費やクリーニング代を工面するのが大変でした。スケートやスキーはリサイクルショップで買ったり、教員の家族が使わなくなった物を譲ってもらったりしていましたね。

費用もかかる上に、その日の行事などに合わせて着替えも用意したり、いろいろと考えることが大変。

その点、看護師は本当に楽ですね!ロッカーにしまってある制服に着替えるだけ。毎日何も考えなくて良いんです。クリーンング代も病院もちですし。そうでは無いところもあるかも知れませんが。制服があることで、ONとOFFの切り替えにもなります。

先端のワークライフバランス

これは、それぞれの勤務先によるかもしれませんが、比較的、看護師は趣味や子育て、家族や友人との時間を持つことが、仕事と両立して出来ているのではないでしょうか?

休み希望を出さなくても、二交代や三交代勤務なら、日中に銀行や区役所の平日にしか行けない用事、空いている時間に服や靴の買い物をする、友達と会うなど、勤務に合わせて予定を組みやすいですよね。

私は深夜明けに10時開店のスーパー銭湯の一番風呂に入るのが楽しみでした。また、年休も取りやすく、産休・育児休暇・育児短時間制度も利用している人が多いのではないでしょうか。

私が教員の時は、4年間で休んだのは年休を取ってたったの一日だけです。休み希望なんて出せるものではありませんでした。

夏休み冬休みは、所属している研究会に出席したり、校内研修や会議などで出勤しますし、土日祝日も、行事や部活・会議などで出勤することが多かったです。

それに比べ、今私が勤務している病院は、休みは本人の希望通りに取れます。同じ日に何人か重なってしまっても、今のところ変更してなど言われたことはありません。

予定が立てやすく、年休を自分の管理で消化できるので、いろいろ不満があったとしても、辞めない理由のひとつです。

看護師の悪いとこ

それは、やはり業務に「危険」がつきものということ。私は子どもがいますので、このことをより一層身に染みて感じます。

感染症などに自分もかかる可能性が高いですし、常に針刺し事故と隣り合わせです。抗がん剤など、取り扱いに十分気を付けなくてはならない薬剤もあります。

子どものためにも、自分の身を守ることを考え、慎重に集中して仕事しなくてはならないです。

他にもいろいろあるとは思いますが、私はまずこの「危険」が一番頭に思い浮かびます。

でも、どんな仕事にもリスクはつきもの

「悪いとこ」よりも「良いとこ」の方が私には占めるウエイトが大きく、今のところは看護師を楽しんでいます。辞める予定はありません!
 

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る