高内定率のリクルートと低離職率の人材紹介会社ならどちらを選ぶ?

高内定率のリクルートと低離職率の人材紹介会社ならどちらを選ぶ?

今、まさに転職を考えている方でしたら、どちらを選ぶべきでしょうか。高内定率のリクルートでしょうか。低離職率の人材紹介会社でしょうか。

おすすめするのは、低離職率の人材紹介会社です。その理由は2つあります。

1.転職して終わりじゃないので、低離職率に注目しよう!

実際に転職した方の人数や、転職成功率に注目してしまうと、抱えている求人数が多い大手に登録して対応してもらうのが一番と思いますよね。

転職支援先を評価するには、転職成功率ではなくて、その後の離職率こそ大切です。

離職率が低いということは、転職者の今までの経験や特性、持ち味など良く検討したうえで、転職先を紹介してくれているということですよね。

転職先がすすめられた通り、自分に合っていなければ、転職希望者にとっては「転職成功」とはなりません。

人材紹介会社側からみれば、転職先を紹介し、書類選考・面接から採用決定まで滞りなく進めば、成功といえるのでは。

応募者側からみれば、転職先で希望通りの仕事に打ち込むことができ、長く勤めることができて初めて成功と言えます。

2.離職率が低い人材紹介会社は信頼できる!

離職率が低いということは、転職を希望している個人の意思を尊重し、ただやみくもに営利目的で病院等に転職させていないと判断できるひとつの目安となります。

口コミによると、人材紹介会社によっては、明らかに本人の希望と合っていない的外れな病院を強引にすすめてきたりすることがあるようです。

また、実際に転職してみると、人間関係重視であったのに、事前に聞かされていたこととかけ離れた院内の雰囲気であった、条件や待遇が実際は異なっていたということがあり、再度転職活動しなければならない状況に追い込まれる方もいるようです。

離職率が低い人材紹介会社は、面接に同行してする、面接後にコンサルタントが独自に病院を訪れ、採用担当者と話す機会をもつなど、きめ細かい対応がみられます。

転職後のアフターフォローも充実しており、転職先とのミスマッチを防ぐ工夫が随所にみられます。

離職率が低い人材紹介会社ならば、登録しても手数料目的のみで的外れなブラック求人を紹介されないという、安心感がありますよね。

もちろん、ブラック求人先に転職してしまわないよう、自分でも情報を集めたり、複数の人材紹介会社に登録して比較したり、譲れない条件を整理しておく必要はあると思います。

また、コンサルタントから、より豊富な情報を得られるよう、コンサルトントと良好な人間関係を築く努力も必要であると思います。転職活動の力になりたいと思わせるよう、最低限の社会人マナーは転職希望者側にも求められているでしょう。

けれど、何回も転職経験がある、地域情報に詳しい、人材紹介会社に登録経験があるといった方でない限り、なかなか良い求人情報の見極めはつかないものです。
大切なのは、貴重な個人情報を預ける限り、その登録先が信頼できるかどうかにつきるのではないでしょうか

信頼できるかどうか、そのひとつの目安として、低離職率を参考にすることをおすすめします。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【人気記事】出会いがない看護師が彼氏を作る方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る