CVポートの穿刺が怖い!ポート穿刺が不安な看護師さん、コツ教えます

CVポートの穿刺が怖い!ポート穿刺が不安な看護師さん、コツ教えます

CVポートの穿刺、医師がする?看護師?はたまた在宅ではご家族が行う事もあります。

看護師がしてはいけない、医師がするべき。等の明確なガイドラインは無く、各病院の取り決めやマニュアルで規定されています。

投与する薬液が「抗がん剤」の場合は、医師が実施すると決めている施設が多いようです。

そんなCVポートの穿刺ですが、やってみて下さい。と指示を受けても、怖くてできない!すごく不安!という看護師さんが多いのです。

今日は、看護師によるCVポート穿刺の怖さや不安をちょっとでも取り除けたら良いな、という記事です。ぜひ参考にしてみて下さい。

CVポート穿刺はなぜ怖い、なぜ不安?その理由を解明します

CVポートの構造を十分理解していないことが一番の原因です。

「針を刺したらどうなるのか」がイメージできず、怖さと不安が発生します。まずは、CVポートの構造を十分に理解することから始めましょう。

看護師のあなたが、セプタム(針を穿刺するタンクの部分)を、専用の針であるヒューバー針で穿刺したとしても、異常な力でない限り針が貫通することはありませんよ。

逆に、恐る恐る穿刺して、セプタムへの到達が弱い場合は、皮下に薬液が漏れたり、針が抜けたりする原因になります。

CVポート穿刺のコツ、まとめました

まずは、手洗いと手指消毒を。未滅菌手袋を装着して準備しましょう。患者さんにリラックスした仰臥位を取ってもらいます。穿刺部の消毒を行いましょう(消毒の方法は、各病院・施設の感染対策マニュアルを確認してくださいね)。

ここからが、穿刺成功のポイント!利き手と反対側の手でセプタム(針を刺す場所)両サイドを保持し、ぐらぐらしないようにする。

利き手で、ヒューバー針を持つ。この時、羽のようになった部分をしっかりと持ちましょう。ヒューバー針の中に空気が混入していない事は確認しておきましょう。

ゆっくりと、そして確実に穿刺します、少し抵抗感があるのは普通の事です。針の先がセプタムの底に当たる「コツン」とした感触があるまでしっかりすすめます。

これで、穿刺は完了です!

セプタム部分が不安定なことも、CVポート穿刺が怖い原因に

CVポートは皮下に本体を植え込み、カテーテル先端が上大静脈等の太い血管に到達しています。

皮下は軟部組織ですし、肌が柔らかい高齢者の方は特に「ツルっ」と横滑りして動くような可動性があります。

これが穿刺を怖いと思わせる原因の一つです。

「穿刺した時に動いて、関係ないところを刺してしまったらどうしよう」
「自分の手を刺しそう」 等です。

大丈夫ですよ、穿刺のコツで挙げたように利き手と反対の手で、しっかりとセプタム部分を捕まえてください。挟むようにして持っても問題ありません。

そもそもCVポートは難しくない、在宅管理できるように存在している

在宅でも安全に輸液が受けられるように、という目的でCVポートを装着している患者さんも大勢います。

中心静脈カテーテルの管理や、末梢静脈路の管理より難しいはずがありません。

感染対策上気をつけること、基本的な構造と注意点をしっかり把握しておけば大丈夫です、自信を持ってCVポート患者さんのケアを行ってくださいね!

まとめ

いかがでしたか?穿刺する医師や、先輩看護師の手元を良く観察し、技を盗んでくださいね。

そして、穿刺のコツを踏まえて、自信を持って実施できるように頑張りましょう!応援しています。


関連記事

Amazonギフト券プレゼント

ピックアップ記事

  1. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  2. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  3. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  4. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…
  5. 看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング

    看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング 看護師の転職時の面接での質疑応答。 はっきり…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る