CVポートの適応とは?中心静脈カテーテルと末梢静脈路との違いもポイント

CVポートの適応とは?中心静脈カテーテルと末梢静脈路との違いもポイント

診療科を問わず、CVポートを植え込んでいる患者さんは増えてきています。

でも、実際CVポートって何?看護のポイントが分かり難くて不安、という看護師さんの声を良く聞きます。

体内に植え込まれた医療器具ですから、可視化されたイメージが付きにくいことが原因だと思います。

安心してください、CVポート患者さんの看護に自信が持てるようサポートしていきますよ!

今日は基本的な「CVポートの適応」について解説しましょう。

CVポートと中心静脈カテーテルと末梢静脈路の違いとは

いずれも、患者さんの体内に点滴剤、栄養剤、治療薬を投与する血管を介した経路です。それぞれの特徴を確認していきましょう!

末梢静脈路

末梢静脈路は、看護師でも穿刺・留置ができます。

感染対策上原則として72時間ごとに入れ替えが推奨されています。(成人の場合)高濃度の薬液は血管痛や血管炎症が起こりやすく、薬剤の血管外漏出による皮膚損傷が問題になります。

また、不穏やせん妄によって自己抜去のリスクが高いと言えます。

中心静脈カテーテル

中心静脈カテーテルは、鎖骨下静脈、内頸静脈、大腿静脈などの太い静脈にカテーテルを留置します。

医師が穿刺、留置を行います。ある程度の長期間留置が可能です。(ガイドライン上何日とは決まっていません)抗がん剤や高カロリー輸液、カリウム製剤など、末梢静脈路では投与できない薬剤を投与できます。

輸液ルートなどの投与経路が汚染され細菌感染を起こすと、重篤な血流感染を起こすリスクがあります。自己抜去による、カテーテルの体内遺残は、取り出しに手術が必要となることがあります。

CVポート

CVポートは、皮下に植え込み手術を行います。

抗がん剤や高カロリー輸液、カリウム製剤など、末梢静脈路では投与できない薬剤を投与できます。

穿刺針で体外から皮下穿刺をしますが、痛みは少なく、CVポートは破損や感染が無い限り、半永久的に使用可能です。

ポートは完全に体内植え込みのため、自己抜去される危険性がありません(穿刺針は別)。入浴も保護なしで実施できます。

CVポートはどんな患者さんに必要?CVポートの適応は

CVポートは、中心静高カロリー輸液、抗がん剤の投与経路として一般的となっています。

末梢静脈路、中心静脈カテーテルと比較したメリットのうちもっとも大きいものは、在宅患者さんの点滴投与経路として有効なことです。

末梢静脈路、中心静脈カテーテルは留置しておくと、ルート類の緩みや解放により出血がおこったり、自己抜去や感染のリスクが大きいのです。

CVポートは、血管ではなくポート部分を穿刺し輸液を行います。

そのため、手技が簡単で出血・神経損傷・感染の危険性が圧倒的に少ないのです。そのため在宅患者さんに適しています。患者さんが自分で抜針することも可能です。

CVポートも完全ではない!起こりえる合併症は

閉塞と感染が主な合併症です。

CVポートの閉塞は、CVポート自体の破損や、血栓による閉塞が原因です。閉塞が起こると、輸液剤が皮下に漏出し重大な障害を起こす可能性があります。感染は不潔な手技や、ポートのフラッシュ不足によって起ります。

閉塞や感染を起こした場合は、CVポートの取り出し手術が必要となります。

まとめ

いかがでしたか?
ちょっと分かり難いCVポート。患者さんが受けるメリットを知れば、看護のポイントもつかめるようになってきますよ。

具体的なケア方法や合併症については別の記事で解説します!ぜひ併せて読んでください!


関連記事

Amazonギフト券プレゼント

ピックアップ記事

  1. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  2. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  3. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  4. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…
  5. 看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング

    看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング 看護師の転職時の面接での質疑応答。 はっきり…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る