ストップ!祝い金がでる看護師転職サイトに注意すべき理由とは

ストップ!祝い金がでる看護師転職サイトに注意すべき理由とは

今の病院で働くことに限界を感じて、いろいろな看護師の転職サイトを見ているアナタ。

祝い金がもらえるというだけで、転職サイトを決めてしまうのは非常に危険です。

<おすすめ記事セレクション>

祝い金の金額と時期を確認しましょう

就職すると祝い金が30万~40万円と、TOPページに大きく書いているサイトがありますよね。でもその金額だけを見て、その転職サイトに飛びつくのは要注意。

それらは、契約後3ヶ月~半年働いてからでないともらえないことがほとんど。中には3ヵ月後に全額もらえるのではなく、3ヵ月後と6ヵ月後に分けて支払われるところもあります。

サイト内をしっかり読まないと、祝い金20万円とTOPページに書いてあったのに、よく読んでみると管理職の求人が最大20万円で、常勤日勤では3万円しかもらえないというケースも。サイト内をすみずみまで読んで、もらえる金額と時期をしっかり調べてから登録しましょう。

祝い金をもらう条件をきちんと確認しましょう

転職サイトに登録したとき、自分が希望する勤務先によっては月の勤務時間が、一定時間を満たさなければ祝い金が出なかったり、祝い金をもらうために、最低の勤続年数があらかじめ設定されている場合があります。中には正社員の採用でしか祝い金が出ないことも。

注意することは、どんな条件でお祝い金をもらえるのかをきちんと担当コンサルタントに確認することです。

祝い金を出さないと人が集まらないのかも

祝い金がでる看護師転職サイトの中には、祝い金を出さないと看護師が集まらないような条件が悪い不人気の職場が集まっている可能性もあります。

こう考えると、一概に祝い金が出るからと飛びついてしまうのも考えものですよね。

心配なことがあれば、登録後担当コンサルタントに勤務先の人間関係などの細かい部分も、問題ないかをきちんと確かることが肝心です。祝い金がでる看護師転職サイトを使うときには慎重に勤務先を選びましょうね。

きちんとフォローしてもらえるかが重要!

担当者の人数が多く、きちんとフォローしてもらえるサイトでは1人ずつに担当者がついてあなたの話をじっくり聞いてくれます。そして条件に見合うような勤務先を選んでもらえます。

しかし、祝い金を出すために担当者の人件費を削っていることが原因で、転職サイトに登録した人へのフォローが、手薄になっているサイトが存在します。

担当者の人数がそもそも少ないようでは、話すらじっくり聞いてもらえないことになってしまうかも知れませんよね。登録後に、しっかりフォローをしてもらえるのかきちんと確認しましょう。

最後に

転職で祝い金をもらって得をしたと思っていたけれど、実際働くと、とても忙しい仕事内容で体を壊しそう。でも、祝い金をもらったために何年も働かないと辞められない。

また、祝い金をもらってしまったために言い出しにくくなり、辞められないというリスクもあります。

祝い金をもらったために、何年も嫌な思いをして働くようなことはしたくないですよね。

転職して祝い金がもらえるのは、たったの一度きりです。転職に失敗しないために、祝い金がもらえるサイトだけにこだわるのはやめましょう。

祝い金がもらえるサイトの他に、祝い金が出ないけれど多くの求人が集まっているサイトに複数登録しましょう。

そして、ここに書いた注意する点をしっかり確認してみてください。

自分の時間にあわせて電話相談が出来るか、担当者のレスポンスが早いか、また担当者に丁寧に話を聞いてもらえるかなど、それぞれ比較してみることも大切ですよね。


関連記事

転職サイトランキング



Amazonギフト券プレゼント

ピックアップ記事

  1. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  2. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  3. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  4. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…
  5. 看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング

    看護師の面接でよく聞かれる質問集ランキング 看護師の転職時の面接での質疑応答。 はっきり…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る