看護記録を書く時の5つのポイント

看護記録を書く時の5つのポイント

看護記録は、関わっている全ての医療者が、患者さんの状態を正確に把握できるように記入する必要があります。

看護記録を残すうえで注意したいことをまとめてみました。

1.主観的情報は看護問題に関わることを書く

患者さんの発言や様子の中で、看護問題に関わることを主観的情報として残していきます。

「誤嚥リスク状態」という看護問題のある患者さんなら、「今日の食事はうまく飲み込めた」などと話していただけたらその旨を記録していきます。

患者さんはとりとめもなくお話しされるかもしれませんが、看護記録には関係のないことは書いてはいけません。

各看護問題について患者さんがどのように感じておられるか、十分引き出せるような声掛けを心がけましょう。

2.客観的情報は事実のまま

例えば、「ガス交換の障害」という看護問題のある患者さんについて考えてみます。「酸素吸入すると呼吸が楽になる様子。

歩行すると呼吸苦が強まるようである」と記入してしまうと、看護師の感想を勝手に書いたようになってしまいますね。

「トイレ歩行時はSpO2 92~93%(酸素3l/分鼻腔カニューラ投与中)、息切れ著明であり、廊下で休みながら歩行している」などと、数値や患者さんの見たままの姿といった事実をまとめて記入します。

3.具体的に

「熱が高くなった」「解熱した」などの言葉だけでは、患者さんの様子を正確につかめません。必ず「38.5℃」などの数値を書き入れます。

薬品も、同じ商品名で経口薬と座薬など複数の種類がある薬もあるので、それがわかるように記録します。また、含有量も商品によって違うので、「○○座薬 100mg使用」などと記入しましょう。

4.看護師の主観は書かない

患者さんの主観に基づく情報は大切ですが、看護師はあくまで客観的な情報を整理していきます。看護師の主観は書かないようにしましょう。

「優しい」「怒りっぽい」など、個人的な感想や、勝手な偏見で決めつけることはしないよう注意してください。

5.アセスメントも大切

客観的な事実や数値をそのまま記録することも必要ですが、患者さんの状態や数値がどのように変化しているかを見たうえで判断したことを残していくことも大切です。

例えば発熱していた患者さんに解熱剤を投与し、数時間後に熱が下がっていたら、「薬の効果が見られた」という判断をしますね。

これは勝手に看護師が決めつけたことではなく、客観的なデータをもとに判断したことなので、アセスメント欄に記入することになります。

この際も、熱が高かった、下がったなどという書き方ではなく、「体温36.8℃に解熱し、○○薬の効果が見られた」と具体的な温度や薬名を記入します。

最後に

いかがでしたか?看護記録を残すうえで、注意したいことをまとめてみました。客観的に集めた情報を正確に記録しつつ、自分なりの判断や分析もしっかりしていくことが求められます。

最初は難しく感じるかもしれないので、可能であれば先輩の看護師に記入例を見せてもらえると参考になりますね。スムーズに必要な情報が共有できるような看護記録を目指しましょう。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る