結婚は看護師の働きかたを変えるチャンス、働きかたの比較

結婚は看護師の働きかたを変えるチャンス、働きかたの比較

看護師が結婚するにあたって、「仕事を辞めなければいけない」「夜勤の無い部署に異動が必要」なんてことは全くありません。

今までの働きかたを続けたいと希望し、家庭生活とうまく両立している人もたくさんいます。

看護師にとって結婚することが、働きかたを考える機会になることは間違いありません。結婚することは、働きかたを考える良いチャンスと前向きにとらえてください。

結婚を機会に働きかたを変えてみたい看護師さんに、いろいろな働きかたを提案してみたいと思います。

家庭と両立しやすい働き方とは?

結婚後の働き方としては、自分の仕事に対する考え方や、結婚相手の仕事内容・所得、お互いの休暇などに左右されます。看護師も、勤務時間が短いほど、仕事と家庭と両立しやすい傾向にあります。

例えば、相手に合わせて休みの希望が取りやすい職場となると、パート勤務がおすすめでしょう。土日をゆっくり過ごしたい人は、日勤常勤で土日休みの職場がおすすめとなります。

ある程度の収入を望んでいる人は、単発の夜勤バイトと日勤パートの組み合わせなどが良いかもしれません。

夜勤無し、日勤常勤で働くメリット

日勤常勤であれば、「常勤」であるため、社会保障面は正社員と同じ扱いで、ボーナスも支給されるため条件は良いと言えます。

ただし、常勤として働く以上、組織が円滑に運用できるよう最大限協力する義務があります。必要な残業は断ることが出来ませんし、同僚看護師の病欠や忌引き発生時の応援要請には応じる義務があります。

社会人として当たり前のことですので難しい事ではありませんが、結婚生活との両立に不安がある方は難しいかもしれませんね。

派遣看護師として働くメリット

派遣会社に登録し、派遣先病院・クリニック・施設で勤務します。

転職して働き始めてから、人間関係の悪さや残業の多さに苦しむことがありますが、派遣看護師の契約期間は限られているため、長く悩むことは無いというメリットがあります。

また、一定期間働いてみて相性が良ければ、紹介予定派遣でとして直接雇用に切り替えることが可能です。

しかし、事業者側の事情が最優先されるため、自分はもっとその職場で働きたいと思っても、契約解除になってしまうこともあります。あくまでも人員補充のピンチヒッターとしての働きが要求されます。

割り切って、決まった時間働きプライベートを充実させたい人には向いているといえます。

日勤パートで働くメリット

主婦のもっともポピュラーな働き方といえます。病院・クリニック・施設などで日勤の決まった時間をパート勤務するというスタイルで、シフトに組み込まれて勤務します。

小規模なクリニックなどでは、常勤看護師がおらずパート看護師だけで勤務するところもありますし、求められる業務内容は様々です。最近は単価が高い訪問看護のパートも多く募集されています。

未経験の分野でもパート勤務から始め、適性があれば日勤常勤へ移行するという働きかたも選択できます。

まとめ

いかがでしたか?

結婚は働きかたを考える、働きかたを変える良いチャンスであることは間違いありません。今までの経験を生かすもよし、未経験の分野に挑戦するもよし、結婚生活と仕事が両立し、希望する収入が得られそうな働きかたに出会えると思います。

情報収集に困ったら、転職サイトに登録しアドバイスを受けてみることをおすすめします。通いやすく働きやすい職場を案内してくれると思います。

みんなに読まれている記事


ピックアップ記事

  1. 【彼氏が欲しい看護師必見】出会いがない私が彼氏を作った方法

    突然ですが、3日前に結婚式を済ませた看護師(29歳)です。30歳までにぎりぎり結婚できました! …
  2. 看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット

    看護師の結婚事情!コ・メディカルとの結婚メリットとデメリット 看護師や医療職以外でも、いわゆる…
  3. ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと

    ロキソニンは看護師の常備薬!しかし薬に依存しないために気を付けたいこと 医師が処方した薬が正し…
  4. 頚椎ソフトカラーの正しい装着方法と注意点についても解説

    ソフトカラーの装着方法!注意点と観察点についても解説 ソフトカラーとは急性期の術後などのハード…
  5. イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ

    イジメ、パワハラで退職に追い込まれそうな看護師へ 看護師の退職理由、ダントツの一位は「人間関係…

ピックアップ記事

  1. 実習指導者が困る場面、看護学生の実習に協力してくれない患者さんへの対策とは 看護学生の実習指導…
  2. 三方活栓を使用しない末梢静脈路閉鎖式システムのメリットとは 患者さんの治療には欠かせない点滴、…
  3. 看護師が自己血糖測定の指導で困っていることと指導のポイント 糖尿病患者さんに、自宅での自己血糖…
  4. 2次救命処置ACLSの資格とは?看護師には有用な資格! 患者さんの急変処置に遭遇した時に、スム…
  5. 看護学生が実習でストレスと感じる場面まとめ 看護学生にとって自習は、緊張の連続でストレスに満ち…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る